夜空の向こうに手を.......

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【絵日記】ぼんやり・・・

2006/5/23


最近、ぼんやりと考えていたり、ふと気がつくとぶつぶつと何かしら独り言を言っていることが増えたような気がする。
その時に考えていることは、たいてい母のこと。
叔母と連絡を取る時の言葉や母と話をする言葉を一人ぶつぶつと練習しているような感じで、独り言を言っているのだ、ふぅ・・・

さてはて、今日のママだけど、朝から電話かけて来た。

内容は「また腰が痛くて、トイレにも立てなくなったの。冷蔵庫に入れて来た座薬をすぐに送って欲しいの。だから、朝から行って来て送ってくれる?」と言う( ̄  ̄;)
私はバイトもあるし、午前中やっとかれこれ2週間ぶりに接骨院に行ってくるのだと話をすると、今度は「じゃあ、バイトが終わったら、家に行って来て送って」と言う。
バイトが終わるのって、夕方6時過ぎなんだけど、それからそんなことをしたら、私自身の家のことが出来ないと言うと、「痛くて我慢できないから、言ってるんじゃないの(;_;)」と自分のことにしか興味がない。

座薬は冷蔵保存する物なのに、それを郵送等で送ると変質するのではないのと話を持って行っても「柔らかくなるだけだから大丈夫」と言って取り合わない。
最終的に、自分の家のことが出来ないし、叔母の意向を聞かないと何もできないの一点張りで断った。

私自身も最近、自分のことしか考えていないような気もする。
と言うか、自分のことと母のこと以外に考える余裕がないと言うべきか・・・
バイト中でも、ふとした時に考え込んでいるし、バイト仲間(一緒に入っている仲間にもよるが)と話をする時にも母のことしか話をしていない・・・
よく考えたらはた迷惑な話だわね。
仲間の一人にももっと年老いた方(この間退院して来たばかりの上、少々ボケも来ている)のお世話をされながら、バイトしている方もいる。
そんな方と比べれば、今は叔母の家に預かってもらっているだけ、マシなのかも知れない。

しかし、まだまだ問題もあって・・・・

前回の日記の電話の時に姉とメールで相談していた。
その時、姉から”ママを一時的に受け入れることは考えてる?”と返って来ていた。
母を預かるとなると褥瘡マットを乗せたベッドを置けと母はきっと言うに違いなく、そんなベッドを入れると私か旦那が寝る場所を失うと返すと、”じゃあ、ベッドがなければOKと言うこと?”と返してくる。
結局、ベッドがなくても無理と返信したら”じゃあ、引き上げる時は実家に連れて帰ろう”と返って来た。
自分ところで預かることは出来ないのか・・・┐( -"-)┌

そんな話は一切しないし、して来ないでこちらにばかりに言ってくることは、今後も一切同居はしないと言うことらしい。
確かに、私の家でも同居と言うことはちょっと難しい。
母が正常に戻れば、「自分の家が一番、もはやよその土地に引っ越ししたくない」と答えるだろう。
母は父と結婚してからずっと今の実家の場所で暮らして来た。
近所付き合いもそこそこしている。
周りの人たちも、もう何10年と住んでいる人たちばかり。
新たな付き合いをしたくないのと、仲良しがいっぱい出来ているから、その人たちとの付き合いがなくなって欲しくないらしい。

となると同居は実家での同居になる可能性の方が強くなるだろう。
私の方が同居するとなると、旦那の実家もすぐそば。
姑にかなり気を使わなくてはいけなくなるし、やはり母と意見がかなりぶつかるだろうし、私の元来の性格の”母に対しての甘え”が出てくるに違いない。
旦那も気を使うだろう。
今まででも自分の実家だと長居するくせに、私の実家ではあまり長居しようとしないもの。

旦那と相談すると、「じゃあ、その時になったら、実家の近くにマンションを買ってそちらに引っ越したらいいじゃないか」と言う。
確かにそうしたらどちらにしても丸く収まるのかも知れないね。
でも、私自身ももうあまり引っ越ししたくない気持ちもあったりするので、複雑な気持ち・・・
どちらの実家にしても今の距離が一番いいような気がする・・・





登録してみました。
ポチッと押してね♪
BlogRanking

« 【絵日記】どうしたらいいのか・・・|Top|【絵日記なし】ふぅ・・・・ »

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

星野 空

Author:星野 空
社会人の長男と高校生の次男の2人の男の子の母親の日常を写真日記、時折絵日記にしました。

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ブログランキング

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。